↓ お役立ちリンク集
BlogPeople
ブログ検索
PROFILE
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
おんにゃにょこ・おとこにょこ
太平洋でラニーニャ発生 米当局発表
(Yahoo!ニュース)

海水温度の低い水域の大規模な発生をさすのですね。聞きなれないし、言葉がわからないのですがちょっと調べたらありました。

エルニーニョ/ラニーニャ現象とは
(気象庁)
エルニーニョ現象に関するQ & A
の中にありました。
エルニーニョはスペイン語でEl Niñoと書き、英語ではThe ChildやThe Boyが対応します。この子供(男の子)は、定冠詞も名詞も大文字で書き始めることからわかるように、単純に一般の子供を意味するのではなく、「幼子イエス・キリスト」を指しています。この言葉が、次第に数年に一度起こるペルー沖の高水温現象の意味で使われるようになりました。
一方、ラニーニャ(La Niña)はスペイン語で「女の子」を意味します。

こういうのは、知識のひとつとして持ってるといいですね。絶対にそれでモテモテにはならないでしょうけれど、酒の席なんかで10分くらいは話題を引っ張れるんじゃないかと・・・だからなんだってこともないんですが。

[PR] アトピーの相談なら!AskDoctors



| | 13:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
あたりまえなようで素朴な疑問
「おめでとうございます!」と傘の上で色々なものを回して新春におなじみだったのは、染之助・染太郎師匠でしたが、今は「わたしは頭脳労働、ギャラは同じ」とか絶妙な掛け合いも見られなくなって寂しいですね。

染之助 公式ホームページ

さて、正月というと会う人ごとに「おめでとうございます」と言いますが、実は(ここだけの話ですが)なぜめでたいのかがわかりませんでした。

こういう雑学ものは検索すれば、きちんとまとめてあるページというものが、必ず見つかるものです。

ありました。

「おめでとう お正月」(中部産業活性化センター の記事)
なぜお正月はおめでたいのか。なぜお屠蘇を飲んで祝うのか。

新年は災いを断ち切って蘇る意味でお屠蘇を飲んで祝うというのが答え。

日本における稲作文化などを元とする生活サイクルが重要なのですね、一年を周期として新しく生まれるという意味合いがあるようです。中国などでも旧暦ではありますが、正月が大事な行事であると思います。

なるほど、あーすっきり。

| | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/7 七種粥 七草粥
七種粥(七草粥)

芹(せり)= 芹(セリ科)
薺(なずな)= 薺(ぺんぺん草)(アブラナ科)
御形(ごぎょう)= 母子草(ははこぐさ)(キク科)
繁縷(はこべら)= 繁縷(はこべ)(ナデシコ科)
仏の座(ほとけのざ)= 小鬼田平子(こおにたびらこ)(キク科)
菘(すずな)= 蕪(かぶ)(アブラナ科)
蘿蔔(すずしろ)= 大根(だいこん)(アブラナ科)
地域によってはいろんなローカルルールがあるようですが、これが一番一般的な材料のようです。

豪華な食事などをさして「盆と正月がきたみたい」なんていいますが、古くはそんな時でもないと普段は食べられないような食事はできなかったわけでしょう。ですから、そのあとの七草粥にも内臓の調子を整える意味があったと思うのですが、特にここ最近は元旦から営業をする食料品店も増えてしまったので、やろうと思えば普通の食事をずっと用意できてしまいます。

残念なことですが、こうして実際に七草粥を食べるという風習も、コンビニやスーパーが選べるほどにある、都市部を中心として急激に廃れていくのかもしれませんね。

それでもクリスマス時期から年末年始で家にいて動かないで、酒や肉類を多量に摂取した人には効果があるように思います。この七草粥の風習は、いまこそ実践されるべきものなのだろうと思います。

健康について考える時、科学的にきちんと実証されたサプリメントなどを、適切な分量で摂取したりすることも、けっしてダメとは言いませんが、まず古くから行われてきた手法を検討してみるのも無駄ではないのでは?

あ、あとやっぱりPCやテレビ画面と向き合ってばかりじゃなくて、歩くことをはじめとして運動することはやっぱり大事ですね。健康ブームのわりには健康を謳う食べ物や飲み物にどうしても極度に頼りすぎのように思います。サプリメント類も、運動することで初めて効果が出る場合もありますので、やっぱり「飲むだけで○○」っていうのを信じすぎるのはマズいですね。

⇒七草の参考ページ
| | 10:13 | comments(0) | trackbacks(1) |
元旦
ホントかなぁ、こんなにいるのかな、目立つように変えてる人もいそうな気がする、1月1日生まれの方々。
誕生日
1919年 細川隆一郎 (政治評論家)
1919年 田端義夫
1925年 大泉滉
1934年 児玉清
1935年 倉本聰
1936年 竜鉄也
1936年 アブドーラ・ザ・ブッチャー
1944年 柏村武昭(お笑いマンガ道場の司会)
1945年 尾崎紀世彦
1949年 Mr.マリック
1949年 大木凡人
1949年 沢田亜矢子
1951年 高橋源一郎
1951年 夢枕獏
1956年 大友康平
1956年 役所広司
1958年 しりあがり寿 (マンガ)
1959年 ポップコーン正一、正二
1964年 ジミー大西
1964年 増田明美(マラソン)
1979年 堂本光一
おわらん。

ともかく本年もよろしくお願いします。

よいこへのお年玉(リンク切れたらスマン)
2004年 芸能ニュースランキング〜グラビア編(ZAKZAK)
| | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
12/25 まだ海外はイブだよ。
誕生日
1899年 ハンフリー・ボガート
1951年 山本功児
1953年 角川博
なんか、あとは一部の人しか知らないような人ばっかりだった。メチャ地味。
忌日
1926年 大正天皇
1977年 チャールズ・チャップリン
1988年 大岡昇平
1989年 チャウシェスク(ルーマニア大統領夫妻:処刑)
1993年 逸見政孝
1999年 池田貴族
逸見さんと池田さんは両方ともガンが原因。でも気をつけるっていっても、タバコや酒の原因以外だったらやりようないしなぁ。しかし忌日の欄が豪華ってのもアレだよね。
| | 12:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
12/24 クリスマスイブですね。
誕生日
1937年 平尾昌晃
1950年 生島ヒロシ
1958年 白都真理
1959年 トミーズ雅
1962年 長野智子
1982年 相葉雅紀(嵐)
1986年 石原さとみ
忌日
1984年 美濃部亮吉
1997年 三船敏郎
なるほど・・・そーかそーか・・・こういう日は誕生日のお祝いにしても、法事にしても、どっちみちやりにくくてイヤだろうね。

三船さんとこで。すぐに結婚しちゃったんだよな。
Blue Sapphire―三船美佳写真集
Blue Sapphire―三船美佳写真集
| | 07:57 | comments(0) | trackbacks(0) |