↓ お役立ちリンク集
BlogPeople
ブログ検索
<< 毎年恒例といえばコレも | main | ヴィクトリアズ・シークレット、2007年ランジェリー・ファッションショー開催 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
悪魔はささやく
しばらくぶりでココイチに行ってみました。毎日あまりにも時間がないので外食が多いのですが、たまには専門店のカレー(いや、ココイチなわけですが)が良いかなと思ったわけなのです。

メニューの内容なんか覚えているわけもありませんので、コップの水をすすりながらぼけーっと眺めていますと、「納豆カレー」なんぞというメニューがありました。「チャレンジしてみる?」と悪魔の声が繰り返し囁きます。

はずすと怖いなあと思いつつも、ダブルトッピングになっている「オムエッグ納豆カレー」をセレクトしてみます。ワタクシには高タンパクすぎかもしれませんが、まあ良いでしょう。

食してみます・・・

・・・

やっぱり気分としては罰ゲーム・・・不思議な感覚です、しっかりと混ぜる度胸がなかったので、余計に変に思ったのかもしれません。

納豆を醤油タレ以外で食べると、納豆っぽさがあまり感じないのですね、東南アジアの料理で出てくる食材に「テンペ」っていう大豆を使ったものがあるのですが、それを食べたときの印象に近いのかなと思いました。いや、この説明の方向性でうなづくことができる人がいるのかどうかが不安ですね、全然納豆の味がしなくなるわけではありませんので、納豆嫌いのお子さんや西の地方の方々に積極的にオススメはできません。

気になる人は100円ショップなんかでも手に入るレトルトカレーと、そこいらのスーパーなんかで入手できる小粒の納豆を使ってアレンジしてみると、安くお試しができるような気がします。

この納豆カレーですが、商業ベースとしては元々の元祖は長野にあるカレーショップ山小屋という店が最初のようです、ページを見ると特産品の野沢菜を組み合わせていますね、なんかそれだとうまく合いそうな気がします。


日常にもいろいろな危険が潜んでいるってことですね・・・

※ところでオムエッグの上に納豆だったから、納豆オムエッグカレーで良かったのではないのだろうか? 納豆を最初に口に入れてしまうだろ・・・そういうことで名前をひっくり返すのはアリではないんでしょうか?
| 小ネタ | 13:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 13:41 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。