↓ お役立ちリンク集
BlogPeople
ブログ検索
PROFILE
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「インポートランジェリー2007コレクション」開催 - 東京
というわけで新しくJUGEMが用意してくれた、ニュースフォーマット記事投稿機能のテストも兼ねて、ナイスなニュースの紹介ですよ。インポートものっていうと高級なものとか、大胆なデザインのものが多いように思います。まあ、わざわざ別の国に持っていくのに地味なやつじゃしょうがないでしょうしねえ・・・

ま、目の保養ということで、リンク先も見てくださいな(はあと)
| ホーム/ファッション | 17:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
予期せぬ水面上昇
またまた古い記事ですみません・・・個人的にツボにはまったもので。

やっちゃった!トイレスッポン事件簿!
(読売>大手小町>発言小町)
やっちまった〜〜〜〜。見事に!トイレを詰まらせてしまった・・・・(泣)
水面がわ〜っと上がってくるあの恐怖!頭の中で映画の“ジョーズ”の曲が流れている。
実はワタクシもやりまして、急上昇する水面に肝を冷やしました。オーバーフローこそしませんでしたが、後日トイレスッポンスッポン(正式名ラバーカップ)を購入して無事に難局を切り抜けることが出来ました。

実際の使用時のノウハウは
http://www.diy-yuda.com/d-toilet/toilet03.html
にあります。いやいや、改めて見ると勉強になりますね。これでもう怖くありません、って詰まらないようにするのが大事なわけですけれど。
| ホーム/ファッション | 12:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
真っ赤とかのほうが焦るかも・・・
「純白パンツ」は男の妄想の産物か?
(Excite Bit コネタ)

古い記事からでスマン、なかなか面白かったので。
某写真週刊誌の「歴代のお宝パンチラ特集」みたいな記事を見たら、アイドルのパンチラはたった1人ベージュのパンツがいた以外、全員白だった!

これが幻想を作り出している原因じゃないんでしょうかねえ・・・通常、白は見たことないよね・・・ね、ね(汗)

エロビデオの学生コスプレとかで根強い需要があるのがいけないんじゃないのかな。映像の影響力ってのは根強いんですよ、きっと。本物の学生さんは実際にはカラフルなんじゃないのかな?確かめるわけにはいかないけど(逮捕)。
| ホーム/ファッション | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
ABC...
アキバの女王・時東ぁみに詰まった萌え事情とは
(ZAKZAK)
「中学時代のクラスに1人はいた優等生タイプの美人が、メガネのまま歌って踊る。それがたまらないんですよ」
だそうです。ふむふむ...

メガネをかけた美人除去牛(違)女教師ならど真ん中の直球ですが。

いや、そっちのハナシでなくて、今回気になったのは、本文中にあった
リュック姿のアキバ系オタクファッションに身を包んだ今や「A−BOY(エー・ボーイ)」と呼ばれる男性ファンは、メガネっ娘(コ)が大好き。
の部分。

検索すると
a-boy - akihabara boyの略。 b-boy、b-girlの表記法に肖った形をとり、(略)
なんて具合で、また語源をたどるハメに。b-girlとかってのは、黒人のストリート文化系のファッションの関係みたいですな、オッチャンにもわかりやすい方向としては、ランDMCとかの方面ですかな(古)

ん・・・

ということは、
c-girl
http://www.fuuzoku-tv.com/wakusei/s/1223.htm
とかも気になりますな・・・って今度はソッチ方面かいな!
| ホーム/ファッション | 21:38 | comments(0) | trackbacks(1) |
雑誌の話
PLANTED っていう雑誌が出たそうです。大掛かりにガーデニング/園芸の提案をするというよりも「植物と生きてみたらいいよ」ってスタンスみたいで、なんだか肩の力が抜けてて良い感じです。

いとうせいこいうさんが編集長として運営するそうですが、そのいとうせいこうさんのインタビューが出てて、なかなかに興味深かったので、ちょっとだけ引用します。
植物は今日水やって、明日芽が出るわけじゃない。春に花が咲いて終わっちゃった植物は、夏、秋、冬と育て続けて、ようやくまた春に咲くわけじゃないですか。その間はただ水をあげ続けるだけ。でも、そういうことに耐えられるようになった。植物と依存関係になるから、自分が調子悪いときには、水をやる回数が減ったりするんですよね。逆に、ちゃんと世話をすることを心がけていければ、自分の生活もきちんとしている。植物が精神的なペースメーカーになる

癒しとか妙に役目を強制しちゃったり、エコロジーとかロハスとか強く出していないところに興味があります。月刊とかではないようですが、そのかわりWeb上でもいろいろやるよう。ちょっと注目。
| ホーム/ファッション | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
極悪はダメ、チョイ悪
今年のキーワードは「ちょいワル」 父の日商戦、定番以外の商品動く
(北國新聞)
六月十八日の父の日に向けた商戦が、北陸の百貨店や専門店で熱気を帯びている。今年は「ちょいワルおやじ」をキーワードに素敵なお父さんになってもらおうと、いつもと一味違うこだわり商品が並ぶ。葉巻やアロハシャツ、アクセサリーといった、定番以外の商品が活発に動き、各店は昨年を上回る売り上げを見込んでいる。
そりゃカッコワルイお父さんよりは、ってことなんでしょうけれど、葉巻なんて嗜好品のなかでも難易度が高そうなもの、贈られてから始めるとかだったら、もっとかっこわるいような気がしますね。

ファッションは雑誌とかの物まねから入って、自分のものとして色々と個性を出せるようにするには、若い時から色々とやってないと厳しい気もします。何事も「にわか」ではうまくないですよね、金かけて時間かけて、まあワルが匂い立つってのはかなり年季が必要ということなのでしょうね。

まあ、頑張るとかでなく、色々とやっていけたらと思います。




| ホーム/ファッション | 07:52 | comments(0) | trackbacks(0) |